Home Twitter Facebook Instagram Contact

番付表について

番付表とは

番付表とは力士や行司、年寄の地位を示す一覧表のことです。一般的に「番付」と省略してよばれます。まずは番付表の見方を知ると、もっと身近に大相撲を感じることができるかもしれません。

番付表の見方を知る

番付表の歴史

番付表の歴史:板番付→横番付→縦番付

番付表がいつごろから作られたのかはわかっていませんが、一番初めに作られた番付は「板番付(いたばんづけ)」として興行地に掲げていたと考えられています。

板番付から紙へ刷られた番付は今と違って、紙を横にした横長の番付が東西それぞれ1枚ずつ、2枚1組で作られていました。

その後、1枚の紙を縦にして左右に分けた、今のような形式の番付が作成されたのは江戸時代の中頃、1757年(宝暦7年)のことでした。

もっと詳しく
番付表の歴史をみる

番付表のよくある疑問を
調べてみました

【番付表が欲しい人必見】番付表の値段はいくら?どこで購入できる?

【番付表が欲しい人必見】番付表の値段はいくら?どこで購入できる?

番付表に関する相撲用語

相撲用語「番付運(ばんづけうん)」の意味とは

相撲用語「番付運(ばんづけうん)」の意味とは

相撲用語「番付発表(ばんづけはっぴょう)」の意味とは

相撲用語「番付発表(ばんづけはっぴょう)」の意味とは

相撲用語「番付外(ばんづけがい)」の意味とは

相撲用語「番付外(ばんづけがい)」の意味とは

相撲用語「番付札(ばんづけふだ)」の意味とは

相撲用語「番付札(ばんづけふだ)」の意味とは

相撲用語「番付編成会議(ばんづけへんせいかいぎ)」の意味とは

相撲用語「番付編成会議(ばんづけへんせいかいぎ)」の意味とは

相撲用語「一枚(いちまい)」の意味とは

相撲用語「一枚(いちまい)」の意味とは

相撲用語「半枚(はんまい)」の意味とは

相撲用語「半枚(はんまい)」の意味とは

相撲用語「板番付(いたばんづけ)」の意味とは

相撲用語「板番付(いたばんづけ)」の意味とは

相撲用語「番付表(ばんづけひょう)」の意味とは

相撲用語「番付表(ばんづけひょう)」の意味とは

ツイートする

シェアする

好角家入門

「好角家入門」は大相撲に関して調べたことや力士のイラストなどをアップしているサイトです。新米大相撲ファンとして楽しい大相撲ファンサイトを作っていきたいと思いますので、拙いところも多々ありますが一緒に楽しんでいただければ幸いです。

このサイトについて


Home Twitter Facebook Instagram Contact