Home Twitter Facebook Instagram Contact

【相撲用語】「土俵を切る(どひょうをきる)」の意味とは

土俵を切る(どひょうをきる)

相撲用語「土俵を切る(どひょうをきる)」とは、稽古中、申し合いで勝負がついていないうちに他の力士が土俵に入ったとき、土俵の外に出るよう促す言葉です。

*申し合い(もうしあい)とは相撲の稽古方法のひとつで、力士たちが勝ち抜き戦の形式で行う稽古のことです。


勝負がついていないうちに土俵に入ってしまった力士に対して、師匠や先輩力士から「土俵を切れ」といって注意されます。

ツイートする

シェアする

その他の相撲用語

相撲用語のトップページへ


好角家入門

「好角家入門」は大相撲に関して調べたことや力士のイラストなどをアップしているサイトです。新米大相撲ファンとして楽しい大相撲ファンサイトを作っていきたいと思いますので、拙いところも多々ありますが一緒に楽しんでいただければ幸いです。

このサイトについて


Home Twitter Facebook Instagram Contact