Home Twitter Facebook Instagram Contact

【相撲用語】「土俵を割る(どひょうをわる)」の意味とは

土俵を割る(どひょうをわる)

相撲用語「土俵を割る(どひょうをわる)」とは、土俵の外に足や体の一部が出て負けることです。

「俵を割る(たわらをわる)」ともいいます。

「土俵を割る」状態とは、相手の押しや突き、寄りなどによって土俵の外に足や体の一部が出て負けることであり、相手の投げ技によって土俵の外に投げ出されたり、転がされたりするようなときには使いません。

ツイートする

シェアする

その他の相撲用語

相撲用語のトップページへ


好角家入門

「好角家入門」は大相撲に関して調べたことや力士のイラストなどをアップしているサイトです。新米大相撲ファンとして楽しい大相撲ファンサイトを作っていきたいと思いますので、拙いところも多々ありますが一緒に楽しんでいただければ幸いです。

このサイトについて


Home Twitter Facebook Instagram Contact