Home Twitter Facebook Instagram Contact

【行司とは】仕事内容、行司の階級、行司のなりかた、行司の給料

最終更新日:2019.08.16

行司ぎょうじとは土俵上で力士の取組をさばき、勝負の判定にあたる人のことです。

ただし物言いがついた場合、勝敗判定の最終的な権限を持ち、責任を負うのは審判員として土俵下に控える親方になります。

行司は土俵上で力士の取組をさばく、いわば取組の進行役のようなもので、他のスポーツのように審判役を担っているわけではありません。

そして行司は必ず「木村」か「式守」を名乗らなければならず、行司の階級(ランキング)は、最高位の立行司から最下位の序ノ口行司まで8段階に定められています。

昔は「行司」のことを「行事」と書き、「相撲」という催しを取り仕切る役割の人のことをいいました。

相撲興行の事務や土俵に関する祭祀を司り、相撲場の設営の仕方や儀式次第などはかつて行司の家に代々伝えられていました。まさに行司こそが相撲の伝統を伝える役割を担っていたのです。

現在でも、勝負審判のほかに、力士の土俵入りの先導、土俵祭の祭主、番付編成会議の書記、番付や顔触れかおぶれなどを書く、相撲部屋にあって総務的な仕事をこなす…などのように様々な仕事に行司は携わっています。

行司の階級(ランキング)

行司にも力士のように階級(ランキング)があります。

力士の番付でいうところの最高位、横綱にあたるのが「立行司たてぎょうじ」です。

「立行司」のなかでも最高位は「木村庄之助」、次位は「式守伊之助」を名乗ることになっており、この二人が「立行司」とよばれます。

「立行司」から順に、三役行司、幕内行司、十枚目行司、幕下行司、三段目行司、序二段行司、序ノ口行司と行司の格が決まっており、階級に応じて行司装束や軍配の房の色が変わります。

行司の階級が知りたい場合、まず「色」に注目してみてください。

直垂の菊綴きくとじ(組みひもをふさにした丸い飾り)や飾り紐(胸元・そで・すそにある)、そして軍配の房は階級に応じて同じ色を用います。

軍配の房と胸元の菊綴の色が行司の「格」をあらわしているのです。

立行司 木村庄之助(最高位)
立行司の木村庄之助は結びの一番のみをさばく。
腰に短刀を携え、腰に印籠を下げ、白足袋、上草履を履くことが許される。
色:総紫

立行司 式守伊之助(次位)
腰に短刀を携え、腰に印籠を下げ、白足袋、上草履を履くことが許される。
色:紫白

三役行司
腰に印籠を下げ、白足袋、上草履を履くことが許される。
色:朱色

幕内行司
白足袋を履くことが許される。
色:紅白

十枚目行司
白足袋を履くことが許される。
色:青白

幕下行司
三段目行司
序二段行司
序ノ口行司
素足で土俵をつとめる。
色:黒または青

なお、「三役格」「三役格行司」など「格」をつけるのは通称であり、相撲協会の正式な呼称では「格」はつけません。

行司の地位の昇降については、毎年九月場所後、理事会において行司の勤務状況を評価し、翌年の行司の階級および待遇が決められます。

十枚目行司以上の定員数は当面22名になっており、力士の番付と同じように、幕下以下の行司は「行司養成員」として、一人前になるよう師匠である立行司を含む年寄が養成にあたらなければならない決まりがあります。

また、幕下行司から序ノ口行司までをまとめて「幕下以下行司」と便宜的に呼び分けることがあります。

最高位、立行司である木村庄之助は結びの一番のみをさばき、十枚目行司以上は原則として二番、幕下以下行司はこの限りではないとされています。

しかし各階級の行司の数と力士の数とによっては、かならずしも自分と同じ地位の力士の取組をさばくとは限らず、下位の行司に休場があった場合は下位の力士をさばくこともあり、1人の行司がさばく番数が多くなる場合もあります。

行司装束の歴史。麻裃から直垂、烏帽子へ

行司は土俵上で力士の取組をさばくとき、直垂ひたたれ烏帽子えぼしを着用し、軍配を使用するよう定められています。

古く勧進相撲の時代の行司装束は、近世社会で正装とされた麻裃あさがみしも姿で、江戸時代の錦絵などには麻裃姿の行司が描かれています。

現在の直垂ひたたれ烏帽子えぼしの姿は中世武士の衣裳がモデルです。

旧両国国技館の開設を機に、散髪した頭は裃に似合わないなどの意見も出て、明治43年(1910年)5月から直垂、烏帽子の姿になりました。

行司になるには

行司になるには、義務教育を修了した満19歳までの男子で、行司に適格と認められる者とされています。

行司の定員は現在45名。

応募の手続きとして、まず各相撲部屋に入門しなければいけません。

その後、履歴書、保護者の承諾書、住民票、戸籍謄(抄)本と、師匠および行司会会長連盟の採用願、行司会会長の添え状を協会に提出し、理事会の承認を受けます。

そして相撲協会から行司として採用されると、各相撲部屋に配属されます。

採用されると、最初の3年間は見習いとして、立行司ならび行司会委員の指導を受けて審判法や行司実務を学び、その間に序ノ口行司に任用されます。

行司の給料

行司は各相撲部屋に配属されますが、相撲協会が採用するので所属は協会員となり、給料は本棒と手当からなる月給制で、協会より支払われることになります。

昇給は年1回で、本俸は決まった基準により、各人の能力・成績ならびに勤務状況に応じて理事長が決定します。

また同じく手当も各人の能力・成績・勤務状況ならびに物価・社会状勢などに応じて理事長が決定し、現在は最低でも12万6000円が加えられるようです。

立行司
本棒:40万円~50万円まで
手当込の月給:52万6000円~
およその年収:631万2000円~

三役行司
本棒:36万円~40万円未満
手当込の月給:48万6000円~
およその年収:583万2000円~

幕内行司
本棒:20万円36万円未満
手当込の月給:32万6000円~
およその年収:391万2000円~

十枚目行司
本棒:10万円~20万円未満
手当込の月給:22万6000円~
およその年収:271万2000円~

幕下行司
本棒:4万2000円~10万円未満
手当込の月給:16万8000円~
およその年収:201万6000円~

三段目行司
本棒:2万9000円~4万2000円未満
手当込の月給:15万5000円~
およその年収:186万~

序二段行司
本棒:2万円~2万9000円未満
手当込の月給:14万6000円~
およその年収:175万2000円~

序ノ口行司以下
本棒:1万4000円~2万円未満
手当込の月給:14万円~
およその年収:168万円~

初任給
本棒:1万4000円
手当込の月給:12万6000円
月の合計:14万円

※財団法人日本相撲協会寄附行為施行細則第七十九条より

ツイートする

シェアする

大相撲を支える人たち

トップページへ


好角家入門

「好角家入門」は大相撲に関して調べたことや力士のイラストなどをアップしているサイトです。新米大相撲ファンとして楽しい大相撲ファンサイトを作っていきたいと思いますので、拙いところも多々ありますが一緒に楽しんでいただければ幸いです。

このサイトについて


Home Twitter Facebook Instagram Contact