Home Twitter Facebook Instagram Contact

【第7代横綱】稲妻雷五郎(いなずまらいごろう)

最終更新日:2018.11.24

第7代横綱 稲妻雷五郎のプロフィール

[しこ名] 稲妻 雷五郎
[ふりがな] いなずま らいごろう
[本名] 根本才助(ねもとさいすけ)
[所属部屋] 佐渡ヶ嶽部屋
[生年月日] 1802年(享和2年)生まれ
[出身地] 茨城県稲敷市東町
[身長] 188㎝
[体重] 145㎏
[幕内通算成績] 130勝13敗14分3預1無
[優勝相当の成績] 10回

分…引分
預…預かり(物言いのついたきわどい相撲などで、あえて勝敗を決めないこと)
無…無勝負(勝負の判定がつけられそうもない微妙な取組の場合、行司は勝敗の裁定をなしにすることができた)

稲妻雷五郎が横綱になるまでの道のり

1821年(文政4年)2月 二段目附出しとして初土俵
1824年(文政7年)10月 新入幕
1829年(文政12年)9月 横綱免許

稲妻雷五郎は大相撲史上最強と言われる雷電為右衛門と比較されるほど強い力士だった

稲妻雷五郎は文政~天保年間に、第6代横綱阿武松緑之助と白熱した名勝負を繰り返し、相撲人気を共に盛り上げました。

【第6代横綱】阿武松緑之助(おうのまつみどりのすけ)

【第6代横綱】阿武松緑之助(おうのまつみどりのすけ)

歴代の横綱

大相撲史上最強と言われる雷電為右衛門と比較されるほど強い力士であり、「雷電と稲妻雲の抱えなり」「稲妻はもう雷電になる下地」と詠まれた当時の川柳も残されています。

実際に雷電為右衛門引退後、傑出した力士の一人で筋骨たくましく力も強かったようです。

1839年(天保10年)11月に引退し、引退後は江戸の年寄として残らず、松江藩の相撲頭取となりました。

そして1877年(明治10年)3月29日、76歳で亡くなりました。

稲妻雷五郎が残した力士の品格を説く相撲訓

稲妻雷五郎は力士の品格を説き、力士の粗暴な振る舞いを戒め、また精神修養を勧める「相撲訓」を残しました。

相撲訓

それ相撲は正直を旨とし、智仁勇の三つを志し、酒・色・奕の悪き経に遊ばず、朝夕起臥とも心にゆるみなく精神を励まし、虚偽の心を禁ちぬべし。

なほ勝負の懸け引きに臨んでは、相手に容赦の心なく、侮らず、おそれず、気を丹田におさめ、少しも他の謀を思はず、 押し手、さす手、ぬき手の早業を胸中に察して呼吸に随い、その虚実を知るときは勝ちを決するもの也。

青柳の風に倒れぬちからかな

相撲訓原文参考URL:「yajifun貼交帳」様より「稲妻雷五郎の句と手形」

稲妻雷五郎は俳句をたしなむ風流人としての一面も

稲妻雷五郎は俳句をたしなむ風流人でもありました。

相撲の極意を解いた句「あらそわぬ風に柳の相撲かな」や辞世の句「腕押しにならでや涼し雲之峰」を残したことでも有名です。

稲妻雷五郎の孫の孫はトオルちゃん?

漫画家であり、オネエタレントとしても有名なトオルちゃんこと「山咲トオル」さんが稲妻雷五郎の孫の孫である玄孫(やしゃご)にあたるそうです。

Wikipediaに掲載されていた内容で出典情報もあやふやですが、もしこの話が本当なら、トオルちゃんが相撲に目覚めていたらすごいことになっていた…かもしれないような、でもトオルちゃんは今のままのトオルちゃんであってほしいような、そんな情報でした。

参考URL:「Wikipedia」様より「稲妻雷五郎」

※敬称略

ツイートする

シェアする

こちらの記事も読まれています

【第25代横綱】西ノ海嘉治郎(二代目)(にしのうみかじろう)

【第25代横綱】西ノ海嘉治郎(二代目)(にしのうみかじろう)

【第5代横綱】小野川喜三郎(おのがわきさぶろう)

【第5代横綱】小野川喜三郎(おのがわきさぶろう)

【第8代横綱】不知火諾右衛門(しらぬい だくえもん/なぎえもん?)

【第8代横綱】不知火諾右衛門(しらぬいだくえもん/なぎえもん?)

【第28代横綱】大錦大五郎(おおにしきだいごろう)

【第28代横綱】大錦大五郎(おおにしきだいごろう)

【第17代横綱】小錦八十吉(こにしきやそきち)

【第17代横綱】小錦八十吉(こにしきやそきち)

【第10代横綱】雲龍久吉(うんりゅうひさきち)

【第10代横綱】雲龍久吉(うんりゅうひさきち)

【第15代横綱】初代梅ヶ谷藤太郎(うめがたにとうたろう)

【第15代横綱】初代梅ヶ谷藤太郎(うめがたにとうたろう)

【第30代横綱】三代目西ノ海嘉治郎(にしのうみかじろう)

【第30代横綱】三代目西ノ海嘉治郎(にしのうみかじろう)

好角家入門

「好角家入門」は大相撲に関して調べたことや力士のイラストなどをアップしているサイトです。新米大相撲ファンとして楽しい大相撲ファンサイトを作っていきたいと思いますので、拙いところも多々ありますが一緒に楽しんでいただければ幸いです。

このサイトについて


Home Twitter Facebook Instagram Contact