Home Twitter Facebook Instagram Contact

相撲用語「板番付(いたばんづけ)」の意味とは

板番付(いたばんづけ)

相撲用語「板番付(いたばんづけ)」とは、紙ではなく、板に書かれた番付ことです。

番付がいつごろから作られたのかはわかっていませんが、一番初めに作られた番付は「板番付」だと考えられています。

*番付の歴史の詳細は以下のリンク先からご覧ください。

【番付表の歴史】板番付から偽番付まで番付の遍歴まとめ

【番付表の歴史】板番付から偽番付まで番付の遍歴まとめ

番付

相撲をする場所に、宣伝ために掲げられていた「板番付」は現在も本場所で見ることができます。

国技館では櫓の中ほどに、他の会場では入り口の近くに掲げられています。

現在の「板番付」は番付の屋根にあたる部分が「入」の形に作られており(「入山形」といいます)、これは大入り満員を願ったものです。

「板番付」の大きさは縦横がそれぞれ1.9mあり、行司が3人で4~5日かけて番付を書き上げています。

「番付」に関連する記事一覧

【番付表の見方】大相撲力士の階級(ランキング)がひとめでわかる一覧表

【番付表の見方】大相撲力士の階級(ランキング)がひとめでわかる一覧表

番付

相撲用語「番付編成会議(ばんづけへんせいかいぎ)」の意味とは

相撲用語「番付編成会議(ばんづけへんせいかいぎ)」の意味とは

相撲用語

相撲用語「番付発表(ばんづけはっぴょう)」の意味とは

相撲用語「番付発表(ばんづけはっぴょう)」の意味とは

相撲用語

相撲用語「番付外(ばんづけがい)」の意味とは

相撲用語「番付外(ばんづけがい)」の意味とは

相撲用語

相撲用語「番付運(ばんづけうん)」の意味とは

相撲用語「番付運(ばんづけうん)」の意味とは

相撲用語

相撲用語「番付札(ばんづけふだ)」の意味とは

相撲用語「番付札(ばんづけふだ)」の意味とは

相撲用語

相撲用語「一枚(いちまい)」の意味とは

相撲用語「一枚(いちまい)」の意味とは

相撲用語

相撲用語「半枚(はんまい)」の意味とは

相撲用語「半枚(はんまい)」の意味とは

相撲用語

ツイートする

シェアする

その他の相撲用語

相撲用語のトップページへ


好角家入門

「好角家入門」は大相撲に関して調べたことや力士のイラストなどをアップしているサイトです。新米大相撲ファンとして楽しい大相撲ファンサイトを作っていきたいと思いますので、拙いところも多々ありますが一緒に楽しんでいただければ幸いです。

このサイトについて


Home Twitter Facebook Instagram Contact