Home Twitter Facebook Instagram Contact

【相撲の歴史】「古事記」と「日本書紀」にみる相撲の起源

「古事記」にみる相撲の起源

古事記こじき」とは、日本で現存する一番古い歴史書です。

皇室の記録「帝紀ていき」と神話・伝説を記した「旧辞きゅうじ」の誤りや乱れを正すべく、天武天皇が側近の稗田阿礼ひえだのあれに正しい「帝紀」と「旧辞」を暗唱するよう命じたのが始まりです。

天武天皇がお隠れになり一時中断しましたが、今度は元明天皇の命令によって太安麻呂おおのやすまろが稗田阿礼が覚えた語りを文章につづって記録し、712年(和同5年)に「古事記」を献上しました。

「古事記」の内容は、天地の始まりから推古天皇の時代までのさまざまな神話や伝説などが記されており、歴史書というより、どちらかというと文学書として評価されています。

さて、日本で現存する一番古い歴史書(文学書)であるこの「古事記」の「国譲りの神話」に、相撲の起源とされる物語が伝わっています。

言誰来我国而、忍忍如此物言。然欲為力競。故、我先欲取其御手。故、令取其御手者、即取成立氷、亦取成剣刃。
「誰ぞ我が国に来て、忍び忍びにかく物言ふ。然らば力競ちからくらせむ。かれ、我先にその御手を取らむ」と言ひき。故、その御手を取らしむれば、すなはち立氷たちひに取り成し、また剣刃つるぎばに取り成しつ。

故爾惧而退居。爾欲取建御名方神之手、乞帰而取者、如取若葦扼批而投離者、即逃去。
故ここにおそりて退しぞりき。ここにその建御名方神たけみなかたのかみの手を取らむと乞ひ帰かへして取りたまへば、若葦わかあしを取るがごとつかひしぎて投げ離ちたまへば、すなはち逃げにき。

「古事記」の「国譲りの神話」では、天照大神あまてらすおおかみが国譲りを拒んだ大国主命おおくにぬしのみことに対し、建御雷神たけみかづちのかみを派遣する様子が書かれています。

相撲の起源とされるのは、大国主命おおくにぬしのみことの代わりに、息子の建御名方神たけみなかたのかみが、派遣された建御雷神たけみかづちのかみと「力くらべ(相撲)」によって国を譲るかどうかを決めようとするシーンです。

2人の「力くらべ(相撲)」の様子は、お互いに手を取り合い、手を押しつぶし合うような相撲でした。

実際は、建御名方神たけみなかたのかみ建御雷神たけみかづちのかみの手をつかもうとすると、建御雷神たけみかづちのかみの手がツララになったり刃になったり、今度は反対に建御雷神たけみかづちのかみ建御名方神たけみなかたのかみの手をつかんだと思ったら、その手を握りつぶして放り投げてしまった…という、なんとも不思議なパワーも働く「力くらべ(相撲)」だったようです。

当然、この「力くらべ(相撲)」の勝負は天照大神あまてらすおおかみから派遣された建御雷神たけみかづちのかみの勝利となりました。

多くの民俗学者や歴史家によると、「古事記」の「国譲りの神話」という、いわば天照大神あまてらすおおかみ大国主命おおくにぬしのみことの領地争いの問題にこの「力くらべ」の様子が取り入れているのは、お互いに手を取り合って投げ合うスタイルの「力くらべ」が昔からあったからだろうというのが定説となっているようです。

ちなみに、建御雷神たけみかづちのかみは武神としてスポーツマンや力士たちの崇敬を集め、建御名方神たけみなかたのかみも勇武を好む神様として、昔から神事相撲を奉納されています。

「日本書紀」にみる相撲の起源

日本書紀にほんしょき」とは、720年(養老4年)の奈良時代に成立した日本の歴史書です。

「古事記」が国内向けの歴史書なら、「日本書紀」は外国向け(東アジア向け)の歴史書だといわれています。

その「日本書紀」には、「相撲節すまいのせち」の起源とされる「野見宿禰のみのすくね当麻蹶速たいまのけはや」の相撲の話が書かれています。

※「相撲節」とは、平安時代、朝廷で公式の儀礼として行われた相撲行事のことです。

七年秋七月己巳朔乙亥、左右奏言「當麻邑、有勇悍士、曰當摩蹶速。其爲人也、强力以能毀角申鉤、恆語衆中曰『於四方求之、豈有比我力者乎。何遇强力者而不期死生、頓得爭力焉。』」
七年ななとせ秋七月ふみづき己巳つちのとみつきたちとし乙亥きのとゐ(七日)、左右もとこことまをさく当麻邑たいまむらに、いさみたる悍士たけきひと有り、当摩蹶速たいまのけはやまをす。其の為人ひととなり、力強く以ちてよくすみこほべ、つねもろもろの中に語らはく(曰)『(於)四方よもに(之を)求むらく、あにおのが力をくらぶるひと有りいかに力強きひとひて(而)死にも生きも不期かぎらずひたふるちからあらそはむや(焉)。』とかたらふ」とまをす。

天皇聞之、詔群卿曰「朕聞、當摩蹶速者天下之力士也。若有比此人耶。」一臣進言「臣聞、出雲国有勇士、曰野見宿禰。試召是人、欲當于蹶速。」卽日、遣倭直祖長尾市、喚野見宿禰。
天皇之を聞きたまひ、群卿まへつきみたちのたまはく( 曰)、「わが 聞こゆるに、当摩蹶速天下あめのした力士ちからひとなりもしやくらぶる人有り。」とのたまひ、 あるまへつきみ進言まをさく、「やつかれの聞こゆるに、出雲の国に勇士たけきひと有り、野見宿祢のみのすくねまをす。是の人をし、(于)蹶速にあてむことこころみむとのぞみまつる。」とまをす。即日そのひに、倭直やまとのあたひおや長尾市ながをちつかはし、野見宿祢をさしむ。

於是、野見宿禰、自出雲至。則當摩蹶速與野見宿禰令捔力。二人相對立、各舉足相蹶、則蹶折當摩蹶速之脇骨、亦蹈折其腰而殺之。
於是ここに、野見宿祢、出雲り至る。すなはち当摩蹶速野見宿祢と、捔力すまひとらむ。二人ふたりあひ対立むかひたちおのもおのも足を挙げ相み、すなはち当摩蹶速脇骨わきぼねふみくじきまた其の腰を踏みりて(而)(之を)殺す。

故、奪當摩蹶速之地、悉賜野見宿禰。是以、其邑有腰折田之緣也。野見宿禰乃留仕焉。
かれ、当摩蹶速之ところを奪ひ、ことごと野見宿祢にたまはる。是以こをもちて、其のむらに有る腰折田こしをれたよしは(也)、野見宿祢とどまりつかへまつればなり(焉)。

野見宿禰のみのすくね当麻蹶速たいまのけはやが相撲を取るきっかけとなったのは、力自慢の当麻蹶速たいまのけはやが、自分より強い人がいるならぜひ力くらべをしたいと言いふらしていたのが始まりです。

それを聞いた垂仁天皇すいにんてんのうが、出雲の国の、これまた強いと噂の野見宿禰のみのすくねを呼び寄せ相撲対決をさせました。

これが初めての天覧相撲となり、「相撲節」の始まりだとされています。

初めての天覧相撲の様子はというと、2人はお互いに足をあげて蹴り合い、最終的に出雲の国からきた野見宿禰のみのすくね当麻蹶速たいまのけはやのあばら骨を蹴り折り、さらに腰を踏み折って勝利しました。

そして野見宿禰のみのすくね当麻蹶速たいまのけはやの領地をすべて与えられ、出雲に戻らずその後も天皇にお仕えしたというところで初めての天覧相撲は終わります。

野見宿禰のみのすくね当麻蹶速たいまのけはやによる初めての天覧相撲は「垂仁天皇7年7月7日」に行われたとされています。

この初めての天覧相撲が「垂仁天皇7年7月7日」に行われたとされる理由は、「日本書紀」が編集された奈良時代、相撲が七夕を中心とした行事のひとつだったので、当時の相撲行事の起源となるよう「7月7日」に設定したのではないかと考えられています。

ちなみに「野見宿禰のみのすくね当麻蹶速たいまのけはや」の伝説は、大和に古くから住む先住民族(神話上の出雲族)と、後からきた天皇族との交渉を相撲物語によって伝えたのではないかという学説もあるようです。

さらに余談ですが、この話は4世紀はじめごろ、古墳時代の話だと推定されており、野見宿禰のみのすくねは相撲の始祖だけでなく、土師(陶器)の開祖としても全国各地の宿禰神社でお祀りされています。

荒々しい格闘技の様子がどうして「相撲の起源」なのか

荒々しい格闘技の様子がどうして「相撲の起源」なのか

「古事記」や「日本書紀」に相撲の起源として伝えられている物語は、いずれも今の相撲と違った、荒々しい格闘技の様子を伝えています。

「古事記」の「国譲りの神話」の相撲の起源とされている物語では、お互いに手を取り合って投げ合うスタイルで、「日本書紀」の「野見宿禰のみのすくね当麻蹶速たいまのけはや」の相撲はキックボクシングのような戦い方です。

現在の相撲の様子とは全然違うのにどうして相撲の起源といわれているのか、それは「相撲」という言葉の由来を辿っていくとわかります。

「すもう」という言葉は、もともと「争う」「抵抗する」という意味の動詞「すまふ」に由来すると考えられています。

「すまふ」の連用形「すまひ」が名詞として用いられ、これに漢語の「相撲」の表記があてられたのです。古くは「すまひ」と発音されました。

「すまひ」という言葉はもともと競い合うこと全般を意味する言葉だったので、組み打ちも「すまひ」、殴り合いや蹴り合いもすべて「すまひ」とよばれました。

「古事記」や「日本書紀」の相撲が荒々しい格闘技の様子だったとしても、それは「相撲」の言葉が持つ意味を考えれば当然だということがわかります。

いわば、「古事記」や「日本書紀」の相撲の起源を伝える物語は、今の相撲の姿になる前の、原始的な相撲(すまひ)の様子を今に伝えているのではないでしょうか。

ツイートする

シェアする

好角家入門

「好角家入門」は大相撲に関して調べたことや力士のイラストなどをアップしているサイトです。新米大相撲ファンとして楽しい大相撲ファンサイトを作っていきたいと思いますので、拙いところも多々ありますが一緒に楽しんでいただければ幸いです。

このサイトについて


Home Twitter Facebook Instagram Contact