【相撲用語】御免札(ごめんふだ)の意味とは

御免札ごめんふだ

相撲用語「御免札ごめんふだ」とは、本場所初日約1ヶ月前の「御免祝いごめんいわい」の日に、会場のやぐらの下、または中央の出入口に立てられる札のことです。御免札には「蒙御免ごめんこうむる」と相撲字で大きく書かれています。

御免札の起源は定かではありませんが、江戸時代後期には御免札が立てられていたと考えられています。会場付近の人通りの多い辻などに、本場所相撲の日程を知らせるために立てられていました。

SCROLL