【相撲用語】十一月場所(じゅういちがつばしょ)の意味とは

十一月場所じゅういちがつばしょ

相撲用語「十一月場所じゅういちがつばしょ」とは、福岡国際センターで11月に開催される地方場所の正式な呼び方です。通称「九州場所」といいます。

十一月場所では、地元出身力士にとりわけ熱い声援が送られます。また、会場が広いため、満員御礼の垂れ幕が下がりにくいのが特徴です。

1956年(昭和31年)11月に福岡準本場所の本場所昇格が決まり、次の1957年(昭和32年)の十一月場所から本場所として開催されました。このときから年5場所制となり、場所名を「十一月場所」とよぶようになります。

SCROLL