【相撲用語】公益財団法人日本相撲協会(こうえきざいだんほうじんにほんすもうきょうかい)とは

公益財団法人日本相撲協会こうえきざいだんほうじんにほんすもうきょうかい

相撲用語「公益財団法人日本相撲協会こうえきざいだんほうじんにほんすもうきょうかい」とは、「日本相撲協会」「相撲協会」の正式名称です。

公益財団法人日本相撲協会には、年寄力士行司若者頭世話人呼出床山、および職員が所属し、それぞれの立場において細かい規則があります。

公益財団法人日本相撲協会は、公益法人として「財団法人日本相撲協会寄附行為」とその「施行細則」によって運営されています。そして力士を引退した年寄の評議員のうちから選出された理事によって、内部処理と対外的行為が行われます。

SCROLL

公益財団法人日本相撲協会の目的

目的

わが国固有の国技である相撲道を研究し、相撲の技術を練磨し、その指導普及を図るとともに、これに必要な施設を経営し、もって相撲道の維持発展と国民の心身の向上に寄与する

SCROLL

事業内容

1年間に6回の本場所を行い、力士の成績によって、力士の地位を番付によって発表します。

番付編成会議は本場所終了後に開き、番付発表日に発表されます。

※十両、大関、横綱への昇進はすぐに発表されます。

なお、相撲部屋は、相撲協会が認めた部屋継承者の運営のもとに、協会に登録された力士を委託し指導養成されます。

SCROLL

沿革

1887年(明治20年)5月

江戸時代からの「相撲会所」が「東京大角力協会」の名称で改組

※明治21年説、22年説あり

1925年(大正14年)12月

文部省より財団法人として認可を受けて「財団法人大日本相撲協会」の名称が誕生

1926年(大正15年)7月

「東京大角力協会」と「大阪角力協会」とがそれぞれ解散して「財団法人大日本相撲協会」の結成に調印

1927年(昭和2年)1月

「東京大角力協会」と「大阪角力協会」とが正式に合併して「財団法人大日本相撲協会」が発足

1958年(昭和33年)1月

「財団法人日本相撲協会」と改称

2014年(平成26年)1月

日本政府の方針・指導により、従来の「財団法人」が見直され、種々の改革実行をみて、公益財団法人として新たに認可

SCROLL

所在地

両国国技館

〒130-0015
東京都墨田区横網1丁目3番28号国技館こくぎかん

SCROLL