【相撲用語】小結(こむすび)の意味とは

小結こむすび

相撲用語「小結こむすび」とは、番付で、横綱大関関脇に続く力士の地位のことです。小結、関脇、大関を合わせて「三役」とよびます。

「小結」という名前がいつごろから使われていたかはわかっていません。小結は、役力士の「小口の結び」からきた言葉とされていますが、こちらもはっきりわかっていません。

SCROLL