【相撲用語】満員御礼(まんいんおんれい)の意味とは

満員御礼まんいんおんれい

相撲用語「満員御礼まんいんおんれい」とは、本場所の入場券が完売したとき、相撲協会が表した感謝の気持ちのことです。満員御礼になれば、吊り屋根の上から四方に向けて「満員御礼」と書かれた垂れ幕を下ろします。そのため「満員御礼」とは、この垂れ幕のことをさすときもあります。

そして満員御礼になると、大入袋おおいりぶくろが関係者に配られます。

ちなみに、四本柱のあった1952年(昭和27年)夏場所以前には「満員御礼」は柱に張り出していました。

現在は、入場券が8割ほど売れたら満員御礼の垂れ幕が下がるようです。相撲人気が低迷していたころは、7.5割の購入率でも垂れ幕が下がっていたとか。そのため、満員御礼の垂れ幕が下がる基準は、その時々で変わるようです。

SCROLL