【相撲用語】夏場所(なつばしょ)の意味とは

夏場所なつばしょ

①相撲用語「夏場所なつばしょ」とは、両国国技館で5月に開催される東京場所のことです。正式には「五月場所ごがつばしょ」といいます。

②1953年(昭和28年)~1956年(昭和31年)の年4場所制のとき、5月に国技館で開催される本場所を「夏場所」といいました。

※1958年(昭和33年)に6場所制になってから、「夏場所」を「五月場所」とよぶようになります。

SCROLL