【相撲用語】関脇(せきわけ)の意味とは

関脇せきわけ

相撲用語「関脇せきわけ」とは、番付ばんづけで、横綱よこづな、大関に続く力士の地位のことです。小結こむすび、関脇、大関を合わせて「三役」とよびます。

関脇は「大関の次位に控える」という意味です。はっきりとした語源がわかっていませんが、相撲節では最強の相撲人を「最手ほて」とよび、次位は「腋・脇わき」または「最手脇」とよんでいました。

SCROLL