【相撲用語】七月場所(しちがつばしょ)の意味とは

七月場所しちがつばしょ

相撲用語「七月場所しちがつばしょ」とは、愛知県体育館で7月に開催される地方場所の正式な呼び方です。通称「名古屋場所」といいます。

名古屋開催が「本場所」に加えられたのは、1958年(昭和33年)7月から。このときから、本場所は年6場所制になりました。

当時の名古屋会場の金山体育館には冷房施設がなく、猛暑で体調を崩す力士が多かったため「熱帯場所」「南洋場所」とよばれ三月場所とともに荒れる場所でした。

SCROLL