【相撲用語】相撲字(すもうじ)の意味とは

相撲字すもうじ

相撲用語「相撲字すもうじ」とは、番付御免札ごめんふだ、顔触れなどに行司が専門的に書く、相撲界独特の書体の毛筆文字のことです。

相撲字は、字画の間の白い部分をできるだけ少なくし、一文字の面を黒々と塗りつぶすように書きます。これは「場内大入りで立錐りっすいの余地がない」という縁起をかついだものといわれています。

立錐りっすいの余地がないとは、人がたくさん集まって、わずかのすきまもないという意味です。

行司は見習のときから相撲字を練習して身につけます。そして相撲字は、番付を根岸家が書いていたため、「根岸流」ともいわれました。

SCROLL