【相撲用語】砂かぶり(すなかぶり)の意味とは

砂かぶりすなかぶり

相撲用語「砂かぶりすなかぶり」とは、「溜席たまりせき」のことです。「砂かぶり」という呼び方は、土俵上の熱戦によって溜席にまで砂が飛んでくることに由来します。

SCROLL