【相撲用語】溜席(たまりせき)の意味とは

溜席たまりせき

相撲用語「溜席たまりせき」とは、土俵に一番近い席のことです。(テレビの正面に映り、ちょこちょこ有名人が座っている席もこの溜席です)通称「砂かぶり」といいます。

SCROLL

溜席の特徴

溜席の特徴

溜席ではひとりひとり座布団に座って観戦します。溜席の座布団のサイズは縦63㎝、横66㎝ほど

溜席(1名用)20,000円(税込)

SCROLL

溜席は入手困難チケット

溜席は入手困難チケット

溜席は、厳密にいえば「維持員席」と「溜席」とに分かれます。

「維持員席」とは、相撲協会に規定の維持費を納めた人や大きな貢献をした人のための席です。15日間通しの維持員券を協会側が用意してくれる、いわゆるVIP席。

そして「維持員席」から残った席が「溜席」として一般販売されます。つまり、溜席はもともと座席数が少ないのでチケットも取りにくくなっているのです。

SCROLL

溜席の注意点

溜席の注意点

溜席には他の席にない、観戦時の注意事項があります。

●飲食禁止
●携帯電話・カメラの使用禁止
●力士が落ちてきてケガをしたら、治療費は自己負担(応急処置はうけられます)

SCROLL