Home Twitter Facebook Instagram Contact

大相撲の若者頭(わかいものがしら)とは

最終更新日:2019.08.15

若者頭わかいものがしらとは、十両・幕下力士で現役を引退したあと、協会に新規採用されて規定の業務を行う人の職務名です。若者頭は「わかいもんがしら」ともよびます。

定員は8名以内で、幕下以下の力士(力士養成員)の稽古の監督や生活指導、本場所や巡業では土俵周りの設営や取組進行に関わる雑務をこなします。

大相撲ではどれほど年齢を重ねても、幕下以下の力士は半人前の「若い者」として扱われます。

その「若い者」たちを指揮、指導するという意味で「若者頭」という名前になったようです。

協会内では「かしら」と呼ばれるか、現役時代のしこ名で呼ばれています。(年寄のように、出羽ノ海、伊勢ヶ濱といった代々継承されている年寄名跡などはありません)

もともとは「若い者」のまま、土俵を長く務めたベテランが現役を引退して若者頭になることが多かったようですが、最近では十両や幕内をつとめた力士が採用されることも多くなっています。

大相撲の親方、年寄について。年寄名跡(年寄株・親方株)と特例「一代年寄」とは

大相撲の親方、年寄について。年寄名跡(年寄株・親方株)と特例「一代年寄」とは

年寄

ツイートする

シェアする

大相撲を支える人たち

トップページへ


好角家入門

「好角家入門」は大相撲に関して調べたことや力士のイラストなどをアップしているサイトです。新米大相撲ファンとして楽しい大相撲ファンサイトを作っていきたいと思いますので、拙いところも多々ありますが一緒に楽しんでいただければ幸いです。

このサイトについて


Home Twitter Facebook Instagram Contact