Home Twitter Facebook Instagram Contact

【相撲用語】「四つ相撲(よつずもう)」の意味とは

四つ相撲よつずもう

相撲用語「四つ相撲よつずもう」とは、両力士が四つに組んで、相手のまわしをつかんで取る相撲のことです。

四つよつ」とは、両力士がお互いに差し合って、体を密着させるように組み合った形のことです。

例えば、自分の右腕が相手の左腕の内側に入ることを「右を差す」といい、反対に、自分の左腕が相手の右腕の内側に入ることは「左を差す」といいます。

それぞれ差した腕を「差し手」といいます。

お互いに右を差し合った状態が「右四つ」、左を差し合った状態が「左四つ」、両方を差した状態が「もろ差し」です。

お互いに組み合った四つ相撲のかたちでは、相手をつかまえて運ぶ「寄り」が基本的な技になります。

また、「四つ相撲」は「四つ身」「四つになる」などともいいます。

ツイートする

シェアする

その他の相撲用語

相撲用語のトップページへ


好角家入門

「好角家入門」は大相撲に関して調べたことや力士のイラストなどをアップしているサイトです。新米大相撲ファンとして楽しい大相撲ファンサイトを作っていきたいと思いますので、拙いところも多々ありますが一緒に楽しんでいただければ幸いです。

このサイトについて


Home Twitter Facebook Instagram Contact